入院・外来・相談

入院形態について

精神科への入院につきましては精神保健福祉法で定められた入院の形態がいくつかあります。仁保病院では、主に任意入院か医療保護入院となります。

任意入院

患者様自身が病気への理解と治療への協力が可能で入院する意思が確認できる場合はご本人の同意に基づき入院していただく形態です。

医療保護入院

精神保健指定医により入院加療が必要と判断されても、患者様が自身の病識や入院への意思確認ができない場合や、入院を拒否される場合に、法律上の用件を満たす同意者の同意を得て入院していただく形態です。同意者の規定につきましては、当院ソーシャルワーカーよりご説明致します。

入院案内

入院予約

外来受診後、医師が入院治療が必要と認めた場合、入院予約となります。この時、ソーシャルワーカーより予約手続きをさせて頂きます。その際、病棟の雰囲気等を見て頂く為、原則、病棟の見学もして頂いております。入院日時につきましては、後日、ベッド調整がつき次第、ソーシャルワーカーよりご連絡致します。

入院当日

入院当日は、精神保健指定医の入院時診察の上、入院形態(任意入院か医療保護入院)が決まります。

○任意入院の場合
医師より入院中の患者様の権利等についての説明をし、告知の書類をお渡し致します。(入院同意書には患者様ご自身で署名して頂きます。)
○医療保護入院の場合
医師より入院中の患者様の権利等についての説明をし、告知の書類をお渡し致します。(入院同意書には同意者の方に署名捺印をして頂きます。)

その後、ソーシャルワーカーより書類上の手続き、病棟看護師よりこれまでの経緯や現在の状態等を簡単に伺わせて頂きます。

交通機関について

公共機関の乗り物で来られる場合は、事前に到着時刻を当院までご連絡の上、JR宮野駅または防長バス停深野停留所までお越しください。そこから当院までは病院送迎車でお迎えにあがります。お帰りの際もお送りしております。(無料です)

関連リンク:アクセスについて