行事だより

行事・作品紹介

2018.10.18

2018.10.03 あゆみの会

  毎年元気を届けてくださる団体で、踊り・傘踊り・銭太鼓・三味線・南京玉すだれと芸達者な皆さんです。目の前で繰り広げられる芸に皆さん引き込まれ、懐かしい歌(お江戸日本橋・村祭り・四季の歌)を一緒に歌いながら楽しいひと時を過ごされました。
スタッフも飛び入り参加の玉すだれや皿回しに皆さんの笑顔がこぼれました。今年も楽しい時間をありがとうございました。

イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ

2018.09.19 患者作品

   厳しい暑さが和らぎ過ごしやすい季節となり、そろそろ秋の訪れを感じ始めました。病棟にも秋らしい作品がチラホラと。手芸で季節を表すように紅葉や銀杏を。旅行シーズンにちなんで観光名所宮島を。食欲の秋ということでおいしそうなぶどうを。皆様と一緒に秋らしさを楽しんでいます。

イメージ イメージ イメージ

2018.09.12 敬老会

 今年も皆さんの長寿をお祝いしました。 記念の年を迎えられた方は、なんと58人です。内訳は古稀3名、喜寿4名、傘寿11名、米寿20名、卒寿16名、白寿2名です。最高齢は104歳女性の方です。 皆さんお元気な方が多く、一人ひとり個性的な方です。いつもは穏やかに笑っておられる方も今日ばかりはきりっとした表情で式典に出席してくださいました。どの方も決まって「みなさんのおかげです。」とおっしゃいます。ぜひ来年も元気な姿を披露してくださいね。

イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ

2018.09.10 法話会

 秋のお彼岸が近づき今回も漢陽寺のご住職様に来ていただきました。まずはお線香を焚き、般若心経を唱えます。皆様配られた冊子をしっかりと目で追いながら大きな声で唱えられていました。住職から「何事にもご縁で成り立っている」「功徳を積む」という説法があり、どなたも頷かれたり、相づちを打たれたりと真剣に聞かれていました。今回のお話も、ありがたいお話ばかりであっという間の1時間でした。

イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ

2018.08.22 演芸会

早稲田大学寄席演芸研究会6名が患者様に笑いを届けに来てくださいました。
内容は漫才や落語、コント、大喜利です。一生懸命に若い学生さんが話したり、動いたりする姿を見て患者様は笑って楽しまれていました。大喜利の‘‘なぞかげ’では、お題からすぐに答えを考える学生さんたちにびっくりもされていました。
「元気な若い力をもらった気がする」と皆さん喜ばれていました。

イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ

2018.08.21 そうめん流し

 今年も開催しました!病棟ソーメン流し!
今年はミニトマトと薄切りキュウリをネタとして流しました。皆さん「ソーメンもトマトも全部とらんにゃいけん!」と真剣そのもの。そしてさすがの箸裁き。箸ですくえた時はとっても良い表情で、「とれた!おいしー!」と大喜びでした。たくさん食べてたくさん笑った今年のソーメン流しも大成功だったのではないでしょうか。

イメージ イメージ イメージ

2018.08.16 作品紹介

 元気に咲くひまわり。大文字焼きの貼り絵。どちらも作っている最中から、通りがかりの患者様が「きれい!」「夏らしいね!」「大文字焼きね!」など、次々に声をかけておられた力作です。また、盆提灯とほおずきは、風船に紙を貼って作っているのですが、こちらも皆様が興味津々。それぞれ違った雰囲気の作品に仕上がり、皆でびっくりしながら喜びあいます。残暑厳しい日々ですが、わくわくしながら作品を楽しむことで、元気に乗り切っていけそうです。

イメージ イメージ イメージ

2018.08.08 盆踊り大会

 民謡友の会の方にご協力いただき、盆踊りの雰囲気を味わっていただきました。
 始めに長州音頭で雰囲気を盛り上げ、各チームごとに分かれて鹿児島おはら節(オリジナル踊り)を披露しあいました。皆さんが一生懸命に踊ってくださる姿に大きな拍手をされていました。次に炭坑節の振り付けを確認し、みんなで踊りました。
 「久しぶりに踊った」「昔を思い出す」と楽しまれていました。最後に「大内のお殿様」を踊って、楽しい会は終了となりました。

イメージ イメージ イメージ

2018.08.02 スイカ割り

 毎年楽しみにされている行事の一つ「スイカ割り」を行いました。
皆さん本物のスイカに興味津々で重さにびっくりされたり、「コンコン」と叩いて熟れ具合を確かめていらっしゃいました。スイカ割りに挑戦していただきましたが、なかなか割ることができずたくさんの方が挑戦され、多くの声援を送っていらっしゃいました。
「スイカ割り」の後は皆さんでおいしくいただきました。

イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ

2018.08.01 作品紹介

 連日暑い日が続いていますが、皆さん元気に活動に取り組まれています。
 今月は「夏」ということで「ひまわり」「あさがお」に取り組みました。
 少しずつ色を塗り重ね写真のような仕上がりで、まるで職人さんです。
 他の方も「金魚」や「亀」の作品にコツコツと取り組まれ綺麗な作品に仕上がりました。
 皆さん作品を通して季節を感じながら頑張っておられます。

イメージ イメージ イメージ

2018.07.25 夏祭り

 行事最大のイベント:夏祭りが開催されました。皆様にとっては懐かしい遊び、ご家族様と楽しく過ごせる体験として107名の方にご参加いただきました。
 的当て・輪投げ・射的・金魚すくい・ヨーヨー釣りなど意欲的に挑戦される人、遠慮しながらでも雰囲気を楽しんで笑顔の人、久しぶりのたこ焼きに「おいしいね」を連発される人それぞれ楽しまれたようです。特に金魚すくいでは狙いすましてそっとすくう人、がむしゃらに金魚を追いかける人など個性が光っていました。一年に一回の行事ですが普段と違った皆様の笑顔を見ることができ、スタッフもうれしかったです。

イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ

2018.07.04 フラダンス・フォークダンス

 7月4日 フラダンス・フォークダンス (湯田カリエンテ) 今年も華やかな衣装に身を包んだ皆さん20数名で踊りに来てくださいました。 皆さんも普段と違う雰囲気にドキドキされながら、夏らしい踊り・異国の曲を楽しまれました。「目の保養になるね」「楽しいね」と声が上がり、それぞれ真似をされたり手拍子をされたりしながら鑑賞されました。あっという間に時間は過ぎ、手を振りながら見送りをされていました。 来年もぜひ、元気を届けに来てくださいね。

イメージ イメージ イメージ

2018.06.20 作品紹介

 梅雨空のうっとうしい頃となりました。今月はそんな嫌な気分を少しでも華やかな気分になれるようにと、この時期ならではのあじさいの花を色々な形で患者様が作って下さいました。タイルモザイクでされたり、花びらを一枚一枚切って作ったりと、同じ花とは思えないほど素晴らしい作品が仕上がりました。このような素敵な作品に囲まれて今年の梅雨も乗り切れそうです。

イメージ イメージ

2018.06.13 鳴滝園演奏会

 梅雨の晴れ間、たくさんの園生が演奏を行うため来てくれました。大きな太鼓・電子ピアノ・管楽器・タンバリン・すずなどそれぞれが得意の楽器を持ち、元気いっぱいに演奏する姿は見ている皆さんを元気づけてくれました。演奏が終わるたびに「良かったよ」と声をかけ拍手をされていました。「夏の思い出」「茶摘み」「川の流れのように」「上を向いて歩こう」など良くご存じの歌が多く、大きな声で口ずさんでいらっしゃいました。みなさん楽しい時間が過ごせました。 ぜひ来年も来てくださいね。

イメージ イメージ イメージ

2018.05.23 オカリナ演奏会

 久しぶりに全体の慰問会が開かれ、軽快な音楽に合わせて皆さんの笑顔がそろいました。懐かしい歌に手拍子をしたり、一緒に歌ったり楽しい時間でした。途中、「笑いヨガ」にも挑戦し、みんなで大笑いをしました。 これからも「山口オカリナ愛好会」のみなさん、元気を届けに来てくださいね。

イメージ イメージ

2018.05.16 作品紹介

 毎月、展示を張り替えると、患者様も職員も集まってきます。桜から鯉のぼりへと季節感もがらりと変わり、菖蒲、つつじ、藤の花、水芭蕉などお花がいっぱいです。わんこも風薫る中でのお散歩を楽しむような、すてきな作品になりました。
 作品はおひとりで完成まで仕上げられるものや、工程を分担して大勢で取り組んでいただくものなど、様々あります。みんなで季節の話題を楽しみながら、「すごいね!」とお互いをほめあうのも、なごやかなひとときです。病棟にお越しの際は、ぜひ、ごゆっくりご覧くださいませ。

イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ

2018.04.18 作品紹介

 病気のせいで不穏、興奮続きで、介護負担にて入院されてきたCさんでした。
 当初は身体機能も非常に衰えており車椅子対応でしたが、早期の運動療法開始と、生活面で本人が希望されることをOTの範疇内で実現できるように支え続けて、心身ともに賦活されました。塗り絵への取り組みから細やかな着色、色の配分、創造性などをチェックし、構成要素のパズルの難易度を徐々に上げて、認知能力を高めていきました。
 今では紙工芸品に色々と挑戦し、人にプレゼントすることが生き甲斐になっておられます。
 家族は、入院当初では想像していなかった回復ぶりに驚き、喜んでおられます。

イメージ イメージ

2018.03.29 春の法話会

 毎年、お彼岸の時期に合わせて法話会を開催しています。
今回も鹿野の漢陽寺よりご住職の杉村宗一様に来ていただきお話を伺いました。
はじめに「般若心経」を全員で唱え、合唱しました。お経にはそれぞれ意味があり 特に「般若心経」は大切な言葉を集めて、世の中の人に広めるために生まれた話を うなずきながら聞いておられました。意味は分からずとも身近にお経があり、小さ いころから親しむことの大切さが最近では失われつつあり痛ましい事件も多く耳に します。次の時代に伝えていくことの大切さを改めて感じました。
「この世からのちの世に行く一休み、雨降れば降れ、風吹けば吹け」と一休禅師の 言葉から「本当の自分を見つめ返し、次の一歩を踏み出す」話を聞きました。
最後に「生ききる」ために頑張ろうというお話に、皆さん「はっ」とされ生き生き とした目で見つめておられ、それぞれがいろいろな想いを持って帰られました。
大切なお話、ありがとうございました。

イメージ イメージ

2018.03.20 作品紹介

 今月は皆様が春の訪れをを今か今かと心待ちにされている事が、よーく分かる作品達です。「早く暖かくならんかね?」「桜はまだかね?」「桜が咲いたら花見がしたいね」等と、ワクワクしながら作品を仕上げられていました。皆様の気持ちのこもった作業のおかげで、不老病棟に一足早く桜が咲きました。耳を澄ませば鳥のさえずりも聞こえてきそうです。

イメージ イメージ イメージ

2018.02.28 作品紹介

 張り子のお雛様は、お二人の患者様が和気あいあいとおしゃべりしながら作ったものです。ほんわかいい雰囲気のお雛様になりました。
 他の作品は、それぞれの患者様のできること、お好きなことを生かして、分担して作業していただいたものです。お仕事感覚で取り組まれる方も多いのですが、時には「あなたがやってくれたのね」と声をかけあう場面もみられます。「わぁ!」「きれい!」と感動してくださる方々の存在も大きな励みで、場がほっこりします。
 作品を通じて、お互いに楽しんだり、喜びあえる機会になれば、と願いながら日々取り組んでいます。

イメージ イメージ イメージ

2018.01.15 作品紹介

 入院当初、このBさんが没頭できる作業を探すのに、試行錯誤で支援していきました。趣味の油絵の情報をもとに、描き方を再度チェック。自尊心を傷つけないように、簡単なスケッチ、絵ハガキなど段階的に提供レベルを変え、本人が描くのに得意な対象物や興味対象がわかってきました。「水彩画もええね」と、絵ハガキから始まったのが、画用紙一枚に表現するようになり、背景も自由に創作するようになりました。同時に精神・知的面も向上しています。家族にご自慢の絵を見せることが楽しい、と現在も励んでおられます。

イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ

2017.12.23 作品紹介

 12月はクリスマスシーズンという事もあり、患者様にはサンタクロースやツリー等の作品を頑張って仕上げて頂きました。患者様にとってクリスマスという馴染みは、なかなかないようで、「何が出来るんやろ?」と言われながらも、華やかなでキラキラした色や形に、興味を持ち楽しみながら行って下さっていました。最後に出来上がった作品を見て「あーしっちょる!」と満足げに声に出されていました。これからも患者様の満足に繋がる作品を考えて行っていきたいです。

イメージ イメージ

2017.12.06 クリスマスイルミネーション

 街もすっかりクリスマスムードで各地でイルミネーションを見かけることが多くなりましたね。 当院でも皆様に雰囲気を楽しんでいただければと、少しですが玄関ホールにイルミネーションを飾らせていただいています。 患者様には「きれいだね」「大きいね」と感心していただき、季節を味わっていただいています。 毎年、少しずつバージョンアップを心がけています。ぜひご覧になってください。

イメージ イメージ

2017.11.17 長寿病棟の作品

 今月は「山口民謡友の会」の皆様、10名の方が来てくださり踊りを披露してくださいました。 日本各地の民謡に合わせて特徴ある踊りに皆さん注目され、また民謡なので手拍子も合わせやすく、気軽に参加できました。 着物を見るのも久しぶりで着物にも感心されていました。 元気で勢いのある踊りも多く見ていて飽きず、日頃注意がそれやすい方も真剣にご覧になっていました。 いつも元気な踊りをありがとうございます。

イメージ イメージ イメージ

2017.11.17 長寿病棟の作品

 丸める方、貼る方、切る方、塗る方など、工程を分担して、みんなで作品を作っています。 作業のご様子は、おしゃべりしながらの方、鼻歌まじりの方、黙々と作業に集中される方など様々です。作品として仕上がったものを見られて「え?私がやったかいね?」と驚かれることは多いですが、うれしそうなお顔やお互いを褒め合う姿を目にしたときの喜びはひとしおです。 11月中は1階ホールにも多くの作品を展示しておりますので、ぜひ、ご覧ください。

イメージ イメージ イメージ

2017.11.08 オカリナ演奏会

 毎年、春・秋と演奏に来てくださいます。懐かしい歌をやさしい音色で歌うことはいつもと違った気分になります。銀座のカンカン娘・からたち日記・上を向いて歩こう・青い山脈・月の砂漠・証誠寺のタヌキ囃子・大きな古時計など唱歌・歌謡曲と多岐にわたり皆さんを懐かしい思い出に誘います。演奏者たちとの会話のやりとりも楽しみにされ和やかな雰囲気でした。また是非来てくださいね。

イメージ イメージ

2017.11.08 文化祭

 11月は文化祭として患者様・利用者様の作品を1階多目的ホールにて展示しています。治療として集中して物づくりに取り組まれ、手作業の活動として一生懸命頑張って作られた作品たちです。作るたびに「できた」と満面の笑顔、「なかなか頭を使うね」と苦労しながら作られたりと私たちも見守りながら楽しみにしてきました。一つ一つの作品に生き生きとした表情が浮かびます。お立ち寄りの際にはぜひご覧になってください。

イメージ イメージ イメージ イメージ

2017.10.20 大内なかよし園・すこやか保育園 発表・交流会

 毎年多くの方が楽しみにされており、園児の姿を見るなり大きな拍手で迎えられました。着物や袴でのそろった踊りやしぐさ、そろいの衣装で元気よく踊る姿に思わず涙される方が多く、「良かったよ」と大歓声でした。 皆さん、「よく練習したんだね」「上手だね」と感心されていました。 最後に園児に握手をしてもらった皆さんは、満面の笑顔で「上手だったね」「風邪ひかないようにね」と優しく声をかけられていました。 あっという間に時間が過ぎ、心温まる交流会でした。園児の皆さん、ありがとうございました。

イメージ イメージ イメージ

2017.10.11 ボーリング大会

 毎年、10月にスポーツのイベントとして院内チーム対抗の ボーリング大会を開催しています。今年も8チームエントリーされ 大変盛り上がりました。日頃は上手に倒せる方も緊張のあまり 上手くできなかったり、日頃はそこそこしか倒せない方が張り切って 全部倒されたり様々な様子が見られました。応援も力が入り、結果に一喜一憂 されていました。日頃になく大きな声を出したり笑ったりと楽しいひと時でした。

イメージ イメージ イメージ

2017.10.10 作品紹介

 入院当初から中等度難聴、無口で、無趣味のAさんでした。 検査として簡単な塗り絵を提供したところ、見本なしに、細部にわたって丁寧に描いていき ました。大人の塗り絵として、コピー紙からの色塗りを試行。数少ない色鉛筆で、筆圧を巧 みに調整し、モノトーンから鮮やかな色が浮き出て来るように塗られます。 どちらが写真?絵?わからないほどです。 時間経過を忘れるほど没頭し、沢山の作品が生まれています。 エレベーター前の展示スペースに、毎月Aさんの新作を紹介していきますので、ご来院時 は絵をよ~くご覧ください。

イメージ

2017.10.04 歩みの会

 毎年、来ていただいている元気なグループの方達です。銭太鼓・傘踊り・三味線・玉すだれと芸達者で場が盛り上がりました。懐かしの唱歌では見学者も大合唱で楽しいひと時を過ごしました。また是非来年も元気を届けに来てください。

イメージ イメージ イメージ

2017.09.26 法話会

 毎年、春と秋のお彼岸に漢陽寺のご住職杉村宗一様に来ていただき法話会を開いていただいています。
お説法の前には教本を配り、皆で般若心経を唱えますが患者様の中には本を見ずして空で唱えられる方もおられます。
今回の説法内容は、「人は生かされている」「有り難うと御免なさいの大切さ」「今を感謝し功徳を積んでいくこと」の三本。
患者様は住職の説法を真剣に聞き、時にうなずかれながら聞かれていました。最後に住職から「後30年は頑張りましょう」の言葉に笑顔が溢れていました。

イメージ イメージ

2017.09.15 作品紹介

イメージ イメージ イメージ

 建具屋さんとして頑張ってこられたAさん。
手先の器用さは健在で、カッターを用いて細かい所までこだわり作品を仕上げておられます。
もともと陽気な性格で、周りの人を和やかな雰囲気にさせるムードメーカーの存在で、現在も多くの作品に取り組まれています。

2017.09.13 敬老会

イメージ イメージ

 今年は25名の方が表彰者でした。
還暦1名、古稀2名、喜寿5名、傘寿6名、米寿4名、卒寿6名白寿1名院内の最高齢者は102歳の方です。
みなさん、元気な方が多く自分の年齢にビックリされていました。
それぞれ振り返ってみるといろいろな思いがあり「あっという間だったなあ」と感慨深く表彰状を眺めていらっしゃいました。
これからも元気で過ごしていただきたいと思います。

Top